ペットのための労務管理で人材獲得

カテゴリ

新着記事リスト

2017年09月19日
ペットのための労務管理で人材獲得を更新。
2017年09月19日
採用管理システムを導入するメリットを更新。
2017年09月19日
採用管理のシステムにメンテナンスは必要なのかを更新。
2017年09月19日
採用管理のシステムは簡単に使用できるのかを更新。

カレンダー

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ペットショップの労務管理制度とは

IT関連業界ではわずか数年で転職してしまう人が多いです。システムエンジニアは需要が高いからです。また、新卒の学生の採用活動は、超人手不足の中、内定を早々に出してもなかなか本採用にいたることが少ないのです。企業は人材の確保と定着にいつも頭を悩ませています。
そこで、一部の企業で新卒採用支援や育児休業中の復職をサポートする一方、ペット関連制度を導入しています。
犬と猫の飼育頭数は1972万頭(2016年推計)と15歳未満の子どもの数1571万人を上回っています。こうして、ペットフレンドリーは企業の労務管理が人材獲得と定着につながってます。東京にあるホームページ制作会社は新卒採用支援やペットの猫のえさ代を支給するペット手当、月5000円を求人広告に出したところ、新卒採用支援の効果もあり、入社希望者が増えました。2017年の新卒採用では3人の定員に100人の学生が応募してきました。
会社の猫への対応に魅力を感じて、優秀な人材が集まってくるようです。ペットがいる社員向け労務管理制度にはさまざまにあります。
たとえば、ペットが死んだ時に会社を休める。これはペットを家族とみなす発想で、損保会社が導入しています。
さらに、ペットの誕生日に一緒に過ごすため休めたり、ペットと同伴出勤ができる。ペットを自宅に主人のいないところに放置すると、食事や糞尿の管理に不都合だからです。また、大手通販会社では、ペットの病気や通院で休めたりします。まさにペットを自分の子供とみなしています。

費用がかかってでも行う必要がある

採用管理をしっかりと行っている企業は多くありますが、採用管理は企業の将来のための活動の1つです。当然、企業にとって利益をもたらしてくれる人を採用して働いてもらった方がメリットがありますし、将来企業が今よりも成長するためには有益な人材は必要です。新卒採用支援管理をしっかり行う事によって企業にとってプラスになる人材を雇う事ができて、企業の未来が明るくなっていきます。会社の将来がかかっているものですから、新卒採用支援管理をする時には手を抜かずになるべく費用も投資して人材を確保する事が必要です。
新卒採用支援管理システムを導入するためには費用が必要になる事がありますが、その費用も会社にとっては投資の1つですから削減せずに採用においては積極的に投資をしていく事も必要です。
もし、採用管理がうまくいかなければなかなか企業にとって有益な人材を確保できない可能性があり、採用管理をしっかりと行っているライバル会社との競争に負けてしまう事もあります。ライバル会社が採用管理に力を入れている場合はどんどん差がでてきますからライバル会社に負けないためにも優秀な人材を確保できるように採用管理に重点をおいて、会社を経営していく事も必要になります。

新着情報

ペットのための労務管理で人材獲得

ペットショップの労務管理制度とは IT関連業界ではわずか数年で転職してしまう人が多いです。システム…

続きを読む

採用管理システムを導入するメリット

企業の効率や拡大に貢献 人事の担当者や面接官が積極的に取り入れている新卒採用支援管理のシステムは、…

続きを読む

採用管理のシステムにメンテナンスは必要なのか

人材確保を正確に行える 新卒採用支援管理システムを導入してしっかりと新卒採用支援管理を行う事によっ…

続きを読む

採用管理のシステムは簡単に使用できるのか

新卒採用支援の利用方法 従来の採用業務がはるかに楽になるという新卒採用支援管理のシステムですが、多…

続きを読む